2008年11月01日

樋口了一さんと

先日、樋口了一さんのラジオにお邪魔させていただきました。

樋口さんのラジオ番組はスタジオ録音ではなく、毎週ロケをやっているとのこと。

そして、この週の収録は千葉県柏駅。ということで、ゆかりのあるミュージシャンという理由で、ゲスト出演したわけです。

樋口さんとは、デビューした96年に岩手県盛岡市で彼の番組に呼んでもらったのが最初かな。
暖かくて包まれるような歌と歌詞の世界観が印象的でした。

あれから時が経ち、以前スタジオでほんの少しニアミスした事があったくらいで、今回本当に久しぶりに固い握手をして再会しました。

お互いに父親になっていたり、音楽的価値観などが似ている事から話が盛り上がり、もっともっとゆっくり語り合いたかった。
相変わらず、暖かくて懐の深い方でした。。。

そんな樋口さん、最近は「手紙〜親愛なる子どもたちへ〜」をリリースしたばかり。
ポルトガル語で書かれた差出人不明の一通のメールがきっかけでこの曲が出来上がったというエピソードを聞いて、早速購入して聞かせていただきました。

感想は、、、僕の安っぽい文では申し訳ないので、あえて書きませんが、ひとつだけ書かせてもらうと、
「今このタイミングでこの曲に出会えて良かった」
という気持ちでいっぱい。

樋口さん、久しぶりにお会いできて、本当に嬉しかった!!

今度何かでご一緒させてくださいね。



Mr.Higuchi.jpg
posted by いとぅーだいすけ at 00:08| 日記