2008年02月04日

録れコン♪

torekon.jpg

先日、楽器屋さんの前を通りかかったら、このポスターが目に入りました。

島村楽器さんが毎年やっている“録れコン”。

僕が高校時代からやっているもので、思わず懐かしいなぁと口に出してしまいました。

今は分からないけれど、当時のこのコンテストの仕組みとして、レコーディング機材を貸し出してくれて、その機材でDemoテープを作って審査してもらうというのが主旨だったかな。

学生時代の僕はお金が無くて、でもレコーディング機材をいじりたくてこのコンテストに応募したのです。

結果は、、、見事にナントカ優秀賞をもらって、商品としてその機材…ではなく、オリジナルCDをもらいました。これは今でこそたいした事ではないけれど、この当時としてはかなり凄いこと。もう嬉しくて何度もそのCDを聴いた記憶があります。でもなぜか僕が持っていたマスターのカセットより音が悪かったというオチがありましたけど…(笑)

録れコンのお陰で曲作りや、多重録音の楽しさを教えてもらったのは言うまでもありません。録れコンさんありがとう。こんな僕も今年で34歳です、ハイ。

今日の一曲は、その当時賞をもらった…っなわけないっ!!

僕の中で多重録音の憧れ的なアルバムは、山下達郎さんの
『On The Street Corner』シリーズ。やっぱり一人アカペラはとても憧れたし、これを実現出来る多重録音の世界に興味津々でしたよ。

on_the_street.jpg

人の声はどんな楽器よりも魅力的♪
posted by いとぅーだいすけ at 18:58| 日記